構造計画設計。

みなさん、こんにちは。

今年の豊岡は平成18年豪雪を超す大雪だそうです。


さて、建築事務所協会の実務講習会に出席しました。

講師は 

(有)木造舎 の 星川 広和 氏

内容は木造の構造計画設計です。

構造計画のポイントは4項目
  1.壁量・バランスのチェック
  2.水平構面のチェック
  3.柱・梁面のチェック
  4.接合部のチェック

以上の4項目です。

 
今回は、壁量(地震・風圧に耐えうる壁の量)について説明します。

構造耐力上必要な軸組等(建築基準法施行令46条)により内容が決められてます。

一般的には写真のような、

008_convert_20120224173745.jpg

筋かい(柱と柱の間に入れる斜め材)をみかけられた事があるかとおもいます。

この筋かいを入れる量と・入れる場所(バランス)を検討する事が壁量算定です。

バランスは建物の重心と強さの心(剛心)をあわせるようにします。

図面(A邸平面)を参照してください。

heimen_convert_20120224174008.jpg

お分かりいただけたでしょうか。

谷垣工業の家では長期優良住宅に対応した(耐震等級2)壁量を確保しております。

次回は水平構面について

では、また。
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ - ジャンル : ライフ

海老蔵 パート11

よく降りますね、雪  おなじみの海老蔵です。   

みんな 第一声が、も~雪いらん かんべんしてな~ ばっかり
毎日 雪かき、雪降ろし、しまいには雪遊び
と 言うことで今回は みなさんの知らない世界を 少々 (といっても神鍋ですが)

P1000702_convert_20120220114009.jpg
 神鍋の蘇武トンネル手前 道路の両サイド3~4mの壁ができてます。
標識と比べてもその差は一目瞭然

P1000701_convert_20120220113855.jpg
一番奥の稲葉のバス停だす 雪に埋もれている状態
わずかな入り口 バスを待つのも恐そう~

P1000700_convert_20120220113738.jpg
 でもトンネル抜けて村岡に行くと思ったより少ないかな

P1000703_convert_20120220114104.jpg
ロータリーの除雪車 飛ばす雪も壁を越えるかな
観光客が記念に写真を撮ってました。(俺は観光客じゃない)

P1000704_convert_20120220114214.jpg
当社が10数年前に施工した別荘(東河内)
屋根の雪止めが無いから全て雪がずり落ちて 屋根の上に雪が無い状態のはずが
落ちた雪が積もって、落ちる所がなく ひっついた状態です

P1000706_convert_20120220114339.jpg
駐車場の除雪した雪 壁高さ 6~7m位あるかな
春になるとこの雪を駐車場に広げて溶かさなあかん (でないと田畑が出来ない)

P1000707_convert_20120220113339.jpg
この倉庫 1回も雪を下ろして無いから2m以上ある
こういった建物(特に倉庫)があちこちにあります。(雪おろしも倉庫まで手が回らん)

と言った所ですが、写真じゃ 本当の凄さが伝わらんわ
1回見物に来て下さい。(スコップ持って) 豪雪体験ツア~なんてどうでっしゃろか
地元の人は毎日雪かき(俺は土日雪かき)体力つくで~ あ~疲れた

では また (今回も画像が暗くてすみませんでした) 

近藤典子さんと○○○・・・

みなさん、こんにちは

お久しぶりです。


さて、今回は・・・・

LIXIL主催のセミナーに参加してきました。

但馬地方は猛吹雪のなか、 いざ大阪南港まで 



講師は、ナント

「近藤典子」 さんです。

近藤典子さんといえば、アメニティアドバイザーとして

メディアや講演会、企業との商品開発、書籍の出版など

とても幅広くご活躍されている方で、ご存知の方も多いと思います。


気になる講演タイトルは

「近藤典子の『片づく家』のつくり方」

です。その内容は収納から家事動線、建築設計など多様。

近藤典子さんの講演会

その内容を少しだけお伝えします。



「収納はたくさんつくってはいけない。

 なぜなら、なんでもかんでもそこへ突っ込んでしまい

 収納自体がブラックボックス化してしまう。

 だから、すぐに必要なものが出し入れできるように工夫すべき。」




というもの。その通りです。

それに対するヒントも教わってきました。それは、ここではヒミツ。

お昼からの講演でしたが、

最前列で寝ることなく

最後までお聞きしてきました。

帰り際にすかさずご無理をお願いして・・・

近藤典子さんとツーショット!

「ツーショット」 (スリーショット?)

充実した一日でした。

今後のみなさまの住まいづくりに取り入れたいと考えております。

みなさま、よろしくお願いいたします。

ところで、

近藤典子さんをご存知ない方のために、

近藤さんのホームページを紹介しておきます。

では、また。    








テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

本庁舎曳家移転完了!

みなさん、こんにちは。

今回は、

 豊岡市新庁舎建設工事
(熊谷組・谷垣工業・共栄建設工業JV)


に伴う、現本庁舎曳家移転について報告します。

DSCF5222_convert_20120209090550.jpg

ちなみに現本庁舎の概要など・・・

昭和2年 2階建鉄筋コンクリートで建てられた本庁舎は
昭和27年に3階部分を木造(一部鉄骨増)で部分増築されました。

    大きさ : 幅約33m×奥行約20m×高さ約21m
    重量  : 約3000t (内今回新設地中梁1800t)


今回、この建物を5日間掛けて前方に25m移動さす大プロジェクトの一部を紹介します。

2月2日、大雪の中 市長出席をいただき 現本庁舎曳家のセレモニーが行われました。

DSCF5224_convert_20120209090620.jpg

この敷き詰められたレールの上を3000tの建物を水平移動させます。


建物の下はこんなふうにしてたくさんのレール、コロ、式台、油圧ジャッキで支えています。

DSCF5214_convert_20120209090404.jpg

では、移動の仕方を説明しましょう。

現本庁舎の裏側です。

DSCF5219_convert_20120209090521.jpg

パワーシャベルで少しずつ・・・


・・・ではなく。

DSCF5217_convert_20120209090451.jpg

この、いくつもの油圧ジャッキで押して行きます。

ワンストロークで40cm

40cm移動さすとジャッキをすべて段取り替えしていきます。


気の長い話?

いやいや、移動は5日間ですが

この日のために4ヶ月掛かっております。


更にこれから1ヶ月掛けて建物を降ろすための作業

ジャッキダウンをしていきます。



なかなか 建築の仕事をしていても こう言った機会はありません。


個人的にはわくわくします。


では、このへんで・・・。

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

最強寒波襲来!たいへんだ。

おはようございます。

たいへんです。

但馬北部は大雪です。

ほら、当社の原木置き場もこんな感じです。
↓↓↓
DSCF4262_convert_20120203091330.jpg

工場は・・・
↓↓↓
DSCF4264_convert_20120203091406.jpg

いや~よく降りました。

さて、今年もこんな氷柱(つらら)が
DSCF4260_convert_20120203091442.jpg

去年より若干長いような・・・

こちらはちらっとみかけたので・・・
↓↓↓
DSCF4263_convert_20120203091515.jpg

さすが最強寒波です。

みなさん、圧雪された路面の凍結、歩行者等、車の運転にはお気を付けください。

出て行かないのが一番だとはおもいますけど・・・


では、また。

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

カレンダー+最終更新日
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター