現場検査内容を紹介いたします。(1)

みなさん、こんにちは。


今回は、当社の現場検査内容を紹介いたします。

まず基礎工事での配筋検査を行います。
検査項目は、鉄筋本数・ピッチ・かぶり厚さ(鉄筋とコンクリ-トの間隔です)等を
チェックします。
また瑕疵保険検査の対象ともなりますので、指定の検査機関で検査もいたします。     
convert_20130624190737.jpg
         配筋検査 


次に来社いただき、木材をみていただきます。
土台・柱・桁材等使用場所等の説明と材質の説明をいたします。
特に化粧材(和室の柱・天井に表しとなる梁)は入念に確認いたします。                   wood.jpg
         木材確認


上棟後、筋かい(柱と柱の間に入れる斜め材)と金物が図面通り入っているか、
筋かいの本数・金物の数・ビスの本数等チェックいたします。
瑕疵保険検査・県の中間検査対象建築物になりますので、
検査機関でもチェックいたします。
sujikai.jpg
         中間検査


検査後、電気配線工事を確認していただき、断熱工事にはいります。
当社での施工方法はグラスウ-ルとウレタン吹付の二種類で施工しております。
convert_20130621173724.jpg
        グラスウール 

convert_20130621173840.jpg
        ウレタン吹付


工事中はお施主様との打ち合わせを、

仕様・色等工事の進行に合わせて進めていきます。



以上、断熱工事までの検査内容でした。


では、また次回 



スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ - ジャンル : ライフ

カレンダー+最終更新日
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター